受動喫煙防止の改正案

昔に比べると自由に喫煙できる場所はかなり減っていますが、それでも欧米各国よりはかなり遅れている受動喫煙対策。

今の趨勢としてはお店を含む公共の場所では禁煙が当たり前となっています。

しかし厚労省と自民党のいわゆるたばこ族議員との間で、店舗面積150平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める方向へと進んでいきそうな気配が漂っています。

厚労省は当初30平方メートル以下のバーやスナックなどでは専用室がなくても喫煙を認め、規制対象外とする方向だったことを見れば、どう考えても後退してしまったとの印象をぬぐえません。

自民は例外を150平方メートルまで広げ、店頭に「喫煙」「分煙」と表示した上で未成年者の立ち入り禁止などの条件を満たせば、飲食店の業態に関係なく喫煙可とする対案を出していたので、厚労省側が自民案に折れてしまった感じですね。

産経ニュースより受動喫煙防止の改正案、喫煙可は150平方メートル以下に 厚労省、自民と調整

 

 

愛煙家の中には

「高いたばこ税を納めているのだから喫煙可の場所を確保してほしい」

と言った声も当然あります。

お酒が入ればたばこを吸いたくなる方も多いでしょうしね。

たばこ販売や飲食店の組合からも反対の声が上がっており、東京都では署名活動も行われたようです。

NHKより都の受動喫煙防止条例 反対の署名活動

 

 

自民党の一部のたばこ族議員が受動喫煙防止に弱腰なのは、飲食店の声に押されたわけではありません。

政治献金を受け取っているので、喫煙機会の減少を食い止めようと頑張っているためですね。

タバコ族議員と政治献金の実態を掲載しました|日本禁煙学会

 

お酒とたばこは切っても切れない仲だとは思います。

なのでバーやスナックで喫煙ができる専用室を設けることができない、30平方メートル以下の小ぶりなお店は規制対象外にしようという、当初の厚労省案はよく考えたなと思いました。

自民党の塩崎恭久元厚労相も頑張っていたのですが、たばこ族議員に負けてしまった感が強いですね。

 

 

一つ思うのは、飲酒運転についての罰則が重くなるときに、飲食店側はそのことについて反対したでしょうか。

アルコール類を発売しているメーカーや販売店から反対の声が上がったでしょうか。

郊外にあるお店は車でなければ行くことができません。

お酒を提供した店側にも罰則が及ぶ可能性も高まりました。

代行運転を利用する人もいれば、お酒を我慢する人もいますよね。

ノンアルコール飲料が各社で開発されて広まるきっかけにもなりました。

飲食店もメーカーも客も、それぞれが知恵を出し合って乗り切ったのですよ。

 

 

今どき飲食店内でタバコを吸えなくても、客足に大きな違いは出ません。

愛煙家だってお店にいる間くらいは吸わずにいられますよ。

そして禁煙とすることで、今まではたばこ臭いからイヤだと敬遠していた人を呼び込むことができるはず。

たばこを吸わない人間にとって、あのたばこの副流煙は毒ガスを吸わされているのと同じなのですから。

平成28年の喫煙率は男性28.2%、女性9.0%ですから、たばこ嫌いな人を呼び込むほうがお店にとってはメリットが大きいことは、喫煙率を見れば一目瞭然です。

居酒屋などへ行っても、たばこを吸っていないお客のほうがかなり多いですしね。

最新たばこ情報|統計情報|成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)

 

 

お店の都合も分かりますが、それ以上に吸いたくもないたばこの煙を吸わされる人のことを考えるべきです。

なのでお店は完全禁煙が基本で、どうしてもタバコを吸うお客のことを考えるのならば、完全個室の喫煙ルームを作ってください。

喫煙ルームを作る余裕がないお店の方のために、たばこ税を回して設置すればいい。

もちろん今のたばこ税の税額では喫煙ルームなんて作れませんから、大幅にたばこ税を上げればよいのです。

また副流煙によって健康を害する人のために、たばこ税から医療分野(保険)へお金を回すことも必要です。

そしてたばこを吸って健康を害する人は自己責任ですが、病院へかかれば保険診療となって国からお金を回すことになります。

なのでやはりその分もたばこ税から回す必要があります。

 

 

たばこ税を大幅に値上げすると喫煙者が減り税収も減ると言われていますが、それはそれで良いことですよ。

 

ちなみに私はかなりのヘビースモーカーでした。

ある時駅のホームで立っていると

「この人タバコ臭い」

「臭すぎる」

って小学生の女の子のグループに大声で言われて、自分のたばこ臭さを思い知ったのです。

言われたその日に禁煙をはじめ、もう10年以上たばこを吸っていません。

なので愛煙家の方の気持ちもわかります。

でもそれ以上に嫌煙家の方の気持ちもわかるのですよ。

 

とにかく、たばこ族議員の言いなりにならずに、何とか受動喫煙防止対策を骨抜きにされないように頑張ってもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました