節操がない政治家

また民進党が希望の党への合流をすすめるようですね。
元々希望の党に入れなかった民進党の議員が立憲民主党を立ち上げたり、民進党籍のまま無所属を装って活動しているのに、なんでまた希望の党なのだろう。

 

政権を担うためより良い日本を構築するため素晴らしい法案を通すため

でないことは確かです。
このまま民進党の看板を背負ったままでは選挙が戦えず、議員の地位にとどまることが難しいから。
それだけですよね。

 

一生懸命安倍政権を攻撃し、なんとか退陣に追い込もうと躍起です。
安倍内閣の支持率は確かに落ちています。この支持率を見る限り、野党の必死の作戦は成功したのかもしれません。
でも政党の支持率はどうですか?
立憲民主・共産・民進・希望の支持率を足しても、まだ自民党には遠く及ばない状態です。
佐川氏の証人喚問後の世論調査がまだ行われていないようなのですが、はたして自民党に支持率で追いつくことができるのでしょうか。

 

 

政治家の中には何度も離党を繰り返す人がいたり、中には離れたのにまた舞い戻ってくる政治家もいます。新党立ち上げに参加したけど、その党が消滅してしまい仕方なくといった政治家もおられるでしょう。
離党はよくて1度までですよ、離党を繰り返すような人は政治家としては失格だと思います。
それと、一度離れた政党に舞い戻ってくる政治家って、いったいどんな頭の構造をしているのだろうって思います。普通の神経をしていれば、恥ずかしくてそんなことできませんよ。

政治家は今を見ていれば良い仕事ではありません。国民全体の将来を見る目が必要です。
なのに自分が所属する政党への不満があるから離党って、自分が所属すべき政党が分からず間違った人に、政治を任せられないと思いますけど。

離党は個人単位の話ですが、民進党と希望の党の合流と反対勢力の分党は、いってみれば個人単位の離党を大規模にしたのと同じでしょ?

必死にモリカケ問題で追い込み、佐川氏の証人喚問の実施でさらに自民党を追い込んだのに、自らの勇み足で土俵外に出ちゃう野党っていったい・・・

タイトルとURLをコピーしました