追い越し車線って分かっていますか?

東名高速道路での痛ましい事件以降、しばらくは煽り運転についての報道もよくありましたが、最近はあまり報道しなくなりました。
ワイドショーやニュースで観たのですが、煽り運転を行ったうえに怒鳴りに行く様子が、たまたま現場近くにいたテレビカメラによって撮影され放映されたりもしました。(山口県だったかな?)
私も車を運転しているときに煽られたことは何度もありますし、相当厳しく取り締まりを行っていかなきゃなくならないでしょうね。

 

それで最近気になることがありまして。
タイトルにもしていますが、追い越し車線というものを分かっていないだろうと思われるドライバーが多いですね。
追い越し車線は高速道路や自動車専用道路だけではなく、片側2車線以上の一般道でも最も右側の車線は追い越し車線なのですよ。
周りの流れに乗らず、かなりゆっくりな速度で追い越し車線を走行する自動車の多いこと。まったくの周りの状況を知ろうともせず、制限速度以下で走ってるだけだから何の問題もないだろうって感じにしか見えません。
もちろんそういう相手に対しても、煽ったり、パッシングやクラクションを鳴らして危険を感じさせるようなことをすれば、こちらが処罰の対象になるでしょう。
でもねぇ、そもそも追い越しのための車線をやたらゆっくりと走り続けるのも通行帯違反ですから。
一般道で通行帯違反で青切符が切られることはマレだと思いますが、高速道路で追い越し車線を走り続けて通行帯違反で捕まることはごく普通にあることです。

 

 

 

ちなみに一番右側の車線は

・追越しをする場合
・右折する場合
・道路が分岐・合流する場合
・特に標識による指示がある場合等

追い越しが終われば左車線(走行車線)に戻らなければならないと規定されています。

 

追い越し車線をゆっくり走っている前の車に腹が立ち、クラクションを鳴らしたり煽ったりする行為は絶対にダメです。これは許される行為ではありません。
でもその前に、走行車線と追い越し車線の違いをきちんと理解して運転することも必要じゃないのかなと思うのです。
無用のトラブルを避ける意味でも重要なことだと思います。

タイトルとURLをコピーしました