女性専用車両への男性の乗車を禁じる運送約款の改定ってできないの?

マスクなしの旅客を乗車拒否できるようになったタクシー

東京都内の10のタクシー事業者が、正当な理由がないにもかかわらずマスクを着用しない場合には乗車を拒否できるとする運送約款の変更を、2020年11月4日に国交省が認可しました。

この運送約款の変更を認めたことで、呼吸器系の疾患などによりマスクの着用が無理な旅客をのぞき、マスクをしないで乗車しようとする旅客の乗車を拒否できるようになりました。

その後京阪神や名古屋周辺のタクシー事業者も同様に運送約款の変更を申請して国交省に認められており、この動きは全国に広がっていくだろうと思われます。

 

タクシーは原則乗車拒否をしてはならないとなっていますが、「他の旅客の迷惑となるおそれのある者」については省令で拒否できるとなっています。

泥酔者だったりあまりにも不潔な服装の場合には、乗務員もその後に乗車する旅客にも迷惑となるのでこれまでも拒否できたわけですが、この範疇にマスクをしていない旅客を含めることを各事業者ごとに定める運送約款に明記したわけですね。

マスクをしないで大声で喋られたり咳き込まれたりすれば、そりゃあタクシー運転手はたまったものじゃないですよ。

それに次に乗車する旅客に感染したとなれば、それはタクシー会社側の責任を追及されかねませんから仕方がないことでしょう。

 

今後もマスクをしていないからと言って一律に拒否はできませんし、マスクをできない理由を聞いたり、できるだけマスクをするようにお願いしたり、タクシー会社によってはマスクを手渡して着用するようにお願いすることもあるようです。

それでも病気等で着用できないわけではないのに、マスクをしない旅客は乗車拒否。

 

マスクをしていれば絶対に安全とは言い切れないと思いますが、コロナ禍のいま安心を優先すればこういう動きになるのかな。

 

 

優先座席や女性専用車両

これに対してあくまでお願いベースとなっているのが、鉄道における優先座席や女性専用車両です。

優先座席だからといって一般の方が座っても特に問題はないですし、女性専用車両も鉄道営業法第34条2項に定められた

「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」

には該当するものではなく、あくまで鉄道会社の女性へのサービスであり、現時点では優先座席と同じく鉄道会社側のお願いベースによる運用になっています。

国がハッキリと鉄道営業法で定められた条文とは別であると言い切っているようですので、現時点で女性専用車両に男性が乗車しても鉄道営業法違反に問われることはなく、刑罰としての科料が課されることもありません。

 

優先座席に座っている若い人にお年寄りに席を譲るようにお願いはできるけど、強制的に排除するなんてことはできません。

これと同じように女性専用車両に意図的に乗り込んでくる人を、強制的に排除することもできません。

あくまで駅員や車掌などがお願いすることしかできないのです。

 

私は女性専用車両が男性に対する差別だとは思いませんし、痴漢被害に遭った方が安心して乗車するためには必要だと思います。

防犯カメラの設置も良い方法だとは思うのです。

映っていれば痴漢等の証拠とすることはできますが、でも防犯カメラの設置で痴漢など性被害の撲滅にまでには至らないのではないかな。

街中に防犯カメラが増えているけど、犯罪の抑止効果に繋がっている気はしませんし。

 

 

旅客営業規則(運送約款)の改定

タクシーでは運送約款の改定を国交省に認可されたために、病気等の理由がないのにマスクをせず乗車しようとする旅客の乗車を拒否できるようになりました。

鉄道での運送約款に当たる旅客営業規則や細則の改定によって、女性専用車両への男性の乗車を原則禁止にもできるのでは?って思ったのです。

運送約款とは運送を行う事業者と利用者との間での運送契約に関わる取り決めで、国が定める法律や省令などではありませんが、運送約款の制定や改定には国の認可が必要です。

この運送約款である旅客営業規則や細則に

 

男性は女性専用車両への立入りを禁ずる、そして但し書きで子供など例外は除外するという約款を国に認めてもらえばいい。

 

また鉄道営業法の第42条には

「左ノ場合ニ於テ鉄道係員ハ旅客及公衆ヲ車外又ハ鉄道地外ニ退去セシムルコトヲ得」

「其ノ他車内ニ於ケル秩序ヲ紊ルノ所為アリタルトキ」

となっているので、たとえば女性専用車両内で男性が自己主張を繰り返すことで、車内の秩序が乱れたと認められれば退去させられることも可能かもしれないですね。

 

 

でも駅員や車掌が強く出られない背景には、旅客営業規則によるハッキリとした取り決めがないからではないかと思います。

 

 

現場で働いている駅員や車掌は会社の指示に逆らうことはできませんから、仕方がなく女性専用車両に乗車している男性へ別の車両へ移るように言わざるを得ない。

女性専用車両は鉄道営業法34条の規定に当てはまるものではなく、あくまでお願いベースの車両であると知っているから男性は要求を拒否する。

そして安全だと思って乗車している女性にしてみれば、男性がいることによって不信感が生まれる。

 

 

タクシー会社ができたのですから、鉄道会社は本気で旅客営業規則や細則の改定を考えるべきではないですか?

すべてを現場の社員に丸投げして、本社にいる人たちは高みの見物ではダメなんじゃないですか?

本当に女性のためだと思って女性専用車両を導入したのならば、営業規則の改定はできるのではないですか?

今の女性専用車両の位置づけのままだと旅客も社員も得をしないし、ただ本社でふんぞり返っている人たちだけが格好をつけているだけにすぎませんよ。

 

どうにも鉄道各社は本気で車内や駅構内等での性被害根絶をはじめ、旅客が安全安心に乗車できる環境を作りだそうとしているようには思えませんし、社員の安全や安心して働ける環境を提供しようとしているようにも思えません。

いまのハンパな状態で放置されている女性専用車両を見るたびに、鉄道会社の怠慢ぶりを感じてしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました