ブラック校則以上に問題なのが学校の人権意識の低さ

昔から変な校則は多いのだが

筆者が通っていた市のすべての中学校では、男子は全員が丸刈りにしなければならないという校則があった。

小学6年生まで長髪で過ごしていたのに、中学校入学前の3月に丸刈りにした時は本当に恥ずかしかった。

ただその当時はこのような変な校則に対して異を唱える人などいませんでしたし周囲の人たちも

「中学生だと分かるから坊主頭で良い」

というような意見が多かったようです。

 

丸刈り頭の頭髪検査もあって、人差し指と中指で短い髪の毛を挟んで指の間から髪の毛が出ていたら校則違反!

先生に説教を食らって、翌日は散髪をしてから登校しなくちゃいけないってルールでした。

 

そういえば子供が中学校へ通っていた時にも変な校則がありました。

寒い時期になっても中学校へはヒートテックのタイツを履いて行かないのです。

「校則でタイツは禁止になってるから」

女子生徒なんてスカートですし、靴下の長さはくるぶしが隠れる程度の白と決められていたから、ひざ下から靴下までは素足のままですよ。

よくもまぁこんなバカげた校則が存在しているものだと思ったものですが。

 

ちなみに中学校は教室に暖房設備はありませんでした。

職員室は窓が曇るほどに暖められていましたけどね。

 

 

教師も遵守できる範囲の校則にすべきでは?

2020年12月23日の読売新聞に次のようなタイトルに記事がありました。

 

「下着の色は白」校則で指定、市立中の8割…「廊下でシャツ開け確認」「違反して脱がされた」 : 社会 : ニュース
学校現場の不合理なルール「ブラック校則」に関して、福岡県弁護士会は22日、福岡市立中学校全69校を調査した結果を発表した。下着の色を指定する学校が約8割に上った。弁護士会は「理不尽な校則が多く、人権侵害に当たるものもあ

 

福岡県弁護士会が福岡市⽴中学校全69校のブラック校則について調べた結果なのですが

  • 「下着の⾊を⽩などに指定」57校
  • 「性別によって、どの標準服(制服)を着るかを事実上決めている」50校
  • 「側頭部を短く刈り上げるツーブロックなどの髪形を禁⽌」62校
  • 「眉⽑に⼿を加えることを規制」56校

教師の側からも
「靴下の⻑さを床から15センチに指定した校則の意味が分からない」
と言った声が挙がったそうです。

この中で気になるのは、性別によって着なければいけない制服を指定されていることでしょうか。

私は古い考えの人間ですからこのことについて特に違和感を感じないのですが、ただ今の世の中はジェンダーレスの考えが広がっているわけですから、自由に決められるようにすべきだと思います。

その前に制服を男女で全く同じデザインにすれば解決することのはずで、そう難しい事ではないのですけどね。

 

「下着の色」や「髪型のツーブロック」に「眉毛を剃る」というあたりは、学校にすれば過度に華美にならないようにとの考えからだと思うので、このすべてがブラック校則だと言い切るのは難しいように思います。

特に眉毛を細く剃るような行為を禁止する校則は、中学生に対してならば特におかしいとは思いません。

しかしある程度眉毛を剃ってそろえる程度は問題ないと思いますよ。

たとえば眉毛が太いことをコンプレックスに感じている生徒が少し剃ったところで、何の問題もないですしね。

 

校則って学校生活を送るうえで守らなければならない規則で、在学中しか通用しないものです。

だからといって生徒を雁字搦めがんじがらめにしていいハズもありません。

校則の在り方を考えるときに、その校則をその学校で勤めている教師も遵守できるかどうかで考えるべきではないですか?

 

生徒に対してツーブロックを禁止するのならば、教師もツーブロックを禁止にすればいい。

生徒に対して白い下着を強要するのならば、教師も全員白い下着の着用を義務付ければいい。

生徒に対して眉毛に手を加えることを禁止にするのならば、教師も眉毛を剃って書き直すことを禁止にすればいい。

教師の側はそれらの校則を遵守できない合理的な理由を示すことができない限り、生徒と同様に校則を遵守させればいいのです。

 

 

指導方法がブラック校則とは異次元な問題になっている

ブラック校則もたしかに問題だと思いますが、でもそれ以上に問題なのが校則に違反した場合の教師の指導の方法です。

中には校則で定められていないことで指導を受けているケースもあるようで、いくらなんでも行き過ぎですね。

 

読売新聞の記事では

  • 違反した下着を学校で脱がせる
  • 廊下で⼀列に並ばされ、シャツの胸を開けて下着をチェックされる
  • 体育館で男⼦がいるのに下着の⾊をチェックされる
  • ⽩い靴下に縦に折り⽬が⼊っていなければならない
  • 靴下の点検で右⾜合格、左⾜不合格と⾔われ、買い替えを指導された
  • 職員室の前は無⾔通⾏
  • 後ろ髪を⽿より下で縛る理由について、教師に「男⼦がうなじを⾒て欲情するから」「政府がそう⾔っている」と⾔われた
  • 眉をそると、休み時間にトイレ以外などで教室から出るのを禁じられ、集会で眉を太く書かれる
  • 額の産⽑をそることを禁じる校則はないのに1時間半も指導された
  • 不登校の⽣徒が登校したのに、服装違反で学校に⼊れなかった
  • ⽣徒総会で校則に関する議論を教師に⽌められ、意⾒すると「内申書に響くぞ」と⾔われた

こう言ったことが列挙されています。

 

  • 下着のチェックや違反した下着を学校で脱がされるって、教師によるわいせつ行為と捉えられても仕方がないですよ。
    生徒の前で教師も下着のチェックを受ければ良いんじゃないですか?
  • 集会で眉を太く書かれるって、では眉を書いている教師にもマジックか何かで太く書かれたら良いのでは?
  • 後ろ髪を⽿より下で縛る理由に男子が欲情するって、それは男子生徒以上に男性教師が欲情するからですよね?
    だから学校内での教師によるわいせつ事案が後を絶たないのではないですか?
  • 不登校の生徒を服装違反で学校に入れなかったって、学校側が問題のある生徒と認識していて学校に入れなかったということですね。
    義務教育なのに教育を受ける権利を教師が剝奪したわけですよね?
  • 生徒総会で校則に関する議論を教師に止められ、意見したら内申書に書くぞって言われたって、単なる脅迫という犯罪でしょ?
    それに生徒同士での活発な論議を止めたことになり、その学校では生徒の自主性を育むという役割を放棄しているだけですよね?

 

ブラック校則の改定の前に、まずは生徒と保護者によって学校長や教育委員会に対して学校・教師による違法行為をやめるように訴える。

それでも改善されなければ生徒に対する人権侵害として訴えるべきです。

 

調査したのは福岡県弁護士会のようですから、シンポジウムで発表する前に人権侵害の救済を求めていくべきではないですか?

全国には人権派弁護士と呼ばれる方がたくさんいるようですから、すでに対策を講じているハズですけどね。

 

まずは生徒と保護者によって、生徒に行っている指導を教師自らが同じ条件で受けてみろ!と言うべきでしょ。

自分たちが行っている指導という名の人権侵害行為が、いかにひどいのかということを教師自身にも分からせるべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました