コンビニワープ・信号待ち回避で駐車場を通り抜ける危険性

交差点に立地するお店の駐車場を近道に

交差点の信号が赤なので停車。

目的地へはこの交差点を左折して行くのだが、この交差点の手前にコンビニがある。

コンビニは左手にあり、駐車場もあって出入り口はいま停車している道路と左折した先の道路側にもある。

信号が青に変わるのを待たずにこの駐車場を突っ切れば早いではないか。

何のためらいもなく、コンビニの駐車場を近道として利用していく車。

 

こういう光景って珍しくはないですよね。

「コンビニワープ」という言葉まで登場するほど、コンビニの駐車場を道路代わりに通過する車両は本当に多いです。

大きな飲食店のの駐車場やセルフのガソリンスタンドを抜けてい行く車もありますね。

 

「抜け道禁止」

「抜け道に利用しないでください」

 

といった看板が立っていたとしても、わずか数分の赤信号を待つことができない自動車が今日も我が物顔に抜けていく。

 

 

コンビニワープは道交法違反?

コンビニにしろ飲食店にしろ私有地であって道路ではありません。

しかし不特定多数の車両が出入りできることから、道路交通法の適用ができると解釈された判例もあります。

筆者は昔、知人が所有する休耕地で会社の同僚10数人とともにオートバイ(オフロード車)で遊んでいたところ、ヘルメットを装着せずに運転していた同僚が警察官に青切符を切られかけたことがありました。

私有地であると主張しても

「簡単に一般の者が入れる状態の場合は、私有地であっても道交法を適用できる!」

と突っぱねられたことがありました。

その時は謝って許してもらえましたが、私有地であっても違反をしておれば道交法の対象になるケースがあるのです。

ただしただ通り抜けていくだけでは道交法の適用は難しいとのこと。

 

しかし無断で所有者等の意思に反する行為、ここではコンビニワープなど駐車場を近道として通行する行為をした場合には「建造物侵入罪」の成立は極めて高いと言います。

お店側はお店の利用に便利なように駐車場を用意しているのであって、近道をしてもらうために何か所かの道に出入り口を設けているのではありません。

また

「抜け道禁止」

「抜け道に利用しないでください」

「コンビニ利用者以外の駐車場利用はお断り」

といった表示がされておれば、「建造物侵入罪」の成立はさらに高まります。

コンビニワープは不法行為で責任を負わなければならない可能性が高い行為です。

 

 

飲食店駐車場通り抜けで死亡事故

2020年3月に大分県宇佐市の飲食店駐車場を通り抜けるために侵入した軽トラックが、家族と一緒に店から出てきた3歳の女児をはねて死亡させた事件が発生しています。

公判では、赤信号の待ち時間を惜しんで駐車場を近道として利用した行為は、交通法規を軽視した態度であり非難に値するとし、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)として禁固1年6か月が求刑されています。

駐車場内での事故ですが、実際に道路交通法が適用されたケースとなります。

ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン

 

個人的な感想から言うと、禁固1年6か月の休憩は甘すぎです。

私有地である駐車場を近道として利用するという不法侵入を犯したうえでの事故ですから、最低でも懲役5年くらいの求刑があってもおかしくないと思うのですが。

弁護側は猛省しているからとして執行猶予を求めているそうですが、禁固1年6か月だとすれば実刑でいいと思うのですけどね。

 

 

飲食店やコンビニの駐車場は元々事故が多い

飲食店やコンビニなどの駐車場内って事故が多いですよね。

駐車している車との接触のほか、飲食店やコンビニから出てきた人との接触も少なくはありません。

飲食や買い物が終わって自分や家族の車に乗り込もうとするときって、多くの人は車に向かって一直線に歩いていきます。

だって車道ではないのですから、それほど注意を払って歩くことも少ないですから。

つまり飲食店やコンビニの利用者は事故を予見して歩いているのではなく、そこへ近道としてコンビニワープする車が突っ込んでくるということは、車側の過失はより大きいということになります。

 

普段からコンビニの駐車場を突っ切って信号での待ち時間を短縮している車って、慣れてしまっているのかかなりのスピードで駐車場を横切っていきます。

いい加減こういった行為に対する罰則を決めて、取り締まっていけばいいのに。

本当にそう思います。

タイトルとURLをコピーしました