自主退職で逃げる私立学校の教師 問題があっても私立学校法の壁

私立校は問題のある教師が表面化されない

最近マスコミでは問題行動を起こした教師の報道が多いですよね。

自校の児童・生徒へのわいせつ行為やストーカー行為のほか、学校外でも痴漢や盗撮など問題教師についての報道ははほぼ毎日あるような状態です。

しかしマスコミで報道される問題教師って公立校ばかり。

私立学校の教師についてはほとんど報道がありません。

そのことについて次のような記事が出ていました。

 

【独自】私立学校で懲戒解雇、3年間で37人…自主退職もあり「氷山の一角」か : 社会 : ニュース
全国の私立学校で2017~19年度の3年間に懲戒解雇された教員は計37人に上ることが、文部科学省が初めて私学を対象に実施した実態調査で明らかになった。私学は学校法人などが運営し、教員が逮捕されるようなわいせつ事案でも、

 

私立は教員の不祥事が生徒募集に直結するため、穏便に処理されるケースが多い

 

つまり学校内ですべて処理してしまい、表には出てこないケースが相当多いということですね。

また公立校の教師は公務員であるのに対し私立学校の教師は会社員と同等なので、自主退職によって逃げてしまうことが可能なのですね。

わいせつ行為等で逮捕された公立校の教師は、多くの場合勤務していた学校名がさらされます。

それに対して私立学校の教師の場合は、逮捕に至るまでに自主退職することで“元教員”としか報道されることはありません。

 

 

私立学校法という壁

私立学校法では私立学校の自主性が重んじられ、行政が私立学校へ介入することは原則できません。

 

学校内で教師が生徒・児童に対してわいせつ行為を行ったとしても

学校内でいじめがあり、それによって自殺した生徒がいたとしても

 

私立学校法という高い壁によって行政が口出しすることができないのです。

問題行為を起こした教師がいたとしても、あくまで私立学校を運営する学校法人によって処理されるのです。

いじめた児童・生徒をどのように処理するのかも学校法人次第なのが現実です。

 

私立学校は独自のカリキュラムによって、公立校にはない最適な勉強の場が用意されていたりスポーツに特化した学校づくりなど、子供にとっても保護者にとっても魅力的な学校を自由に選ぶことができる点で人気があります。

これも私立学校法によって各学校の自主性が重視される、行政等の介入を許さないから可能になっています。

 

ところが問題は公立校だけで発生するのではなく、私立学校でも同じように発生します。

しかし問題が発生したとしても、学校法人の考え方次第ではすべてを隠して処理することだって可能になっているのです。

 

 

私立・公立共通で問題解決を図る機関が必要ではないのか

公立校内で問題が発生した場合、校内で解決が図られそうにない場合には教育委員会にゆだねることになります。

中にはきちんと対処できる教育委員会もあるとは思いますが、残念ながら教育委員会と学校は言ってみればお仲間同士。

 

問題があって教育委員会に訴えたのに、ろくに調べもしないまま学校側の肩ばかり持つ

 

実際にこのようなケースは多いようです。

 

私立学校は教育委員会の傘下ではなく、あくまで経営主体である学校法人の傘下。

私立学校と学校法人なんてお仲間どころか、一体化しているではないかという印象を持ちます。

だから問題教師がいたとしても、逮捕までに自主退職を促すこともできるわけです。

 

わいせつ行為のほか、いじめの問題で教師の対応があまりにも悪くて、第二第三のいじめを教師から受けるケースも少なくはありません。

公立校の場合は問題が発覚した場合、自主退職を認めないという運用が行われています。

これに対して大半の私立校の場合は自主退職を認めることで、学校へ飛び火することを避けようとしていますし、何よりも自主退職の場合は教員免許が失効しない。

 

私立校の教師が学校内の生徒・児童にわいせつ行為を行った場合でも、自主退学によって教員免許が失効せず他の私立校での勤務が可能となるのです。

※禁固以上に処せられれば教員免許は失効するそうです

 

教育委員会や学校法人とは別の第三者組織を立ち上げて、公立・私立を問わずに学校内での問題や学校外での教師の問題行動を専門的に扱う、そんな組織が必要になっていると思います。

いじめ事案でどこにも訴えることができず泣き寝入りとなったり、訴えたものの門前払いを食らうケースが本当に多いです。

自分が通う学校の先生にわいせつ行為をされたときでも、やはり学校・教育委員会・学校法人には訴えにくい現状もあります。

 

何か問題があればどこの学校へ通っているにしても一元的な窓口があれば、児童・生徒や保護者も頼れる組織があることで安心できると思うのですが。

本当に必要ですよ。

わが子がいじめにあい、いじめの後の教師のあまりにもひどい対応によって本当に困りましたから。

タイトルとURLをコピーしました