40人参加のパラリンピック歓迎会開催に疑問の声と理解できない関係者

 

オリンピックにしろパラリンピックにしろ、開催自体に反対はしていません。

ただオリンピックとパラリンピックとの間に越えられない大きな壁は作るべきではないと思っているだけです。

 

ただパラリンピック開催前の23日夜に国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長らの歓迎会を、菅首相・橋本聖子組織委会長・小池百合子都知事ら40人が出席して行われました。

24日の記者会見ではマスコミ側からこの歓迎会についての質問が当然出てきます。

新型コロナウイルス感染拡大状況下での集会は飲食を伴わなくても不適切ではないのかと。

だって県境をまたぐなとか帰省を控えろと国民には発信しているわけですから。

ところが組織委スポークスパーソン高谷正哲氏は

 

「質問の意図が全く理解できない」

 

「ぞれぞれのパートナーのトップが直接あいさつする場は今の社会の慣習においては適切な範囲内」

 

コロナ禍においては社会の慣習を変革していく必要があり、そのためにはテレワークの推進が必要ということは政府や都から発信されていること。

それなのに飲食を伴わないから40人で集まっても問題なく、直接あいさつする場を設けることは社会慣習において適切な範囲内って平気な顔して言っちゃうんですね。

 

これだからいくら政府が緊急事態宣言を出したところで何の効果もないんですよ。

 

今の社会の慣習においては適切な範囲内と平然と言ったわけですから、盆と正月に帰省するのも社会慣習から言って当たり前のこと。

自分たちが言っていることと行動との間にあまりにもギャップが大きすぎる、ということにも気が付かないのでしょうね。

組織委でスポークスパーソンっていう階級に就ける人は、やっぱり特権階級にふんぞり返っていることにも気が付かず、自分たちが行っていることが特別なことで一般国民には受け入れられないことだということも分からないのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました