ワクチン接種で行動制限緩和は良いけど、そもそも接種ができない人は?

 

新型コロナウイルスのワクチン接種を条件に、現在のさまざまな制限を緩和する方向に動きそうです。

接種証明書(ワクチンパスポート)は紙のままなのか、それともアプリのような形でスマホで提示できるようになるのかは分かりませんが、手軽に提示できればいいですね。

ただ気になる点も。

接種証明書を使用した商品の割引は別にどうでもいいけど、店舗への入場などに活用することを政府が認めそうなんですよね。

就職や入学などで不当な差別を受けないようには求めるらしいけど、店舗への入場規制など日常生活で不便を強いられる場面が増えそうなのが気になる。

 

接種証明書だけではなく陰性証明書を提示すれば同様に扱われるようですが、陰性証明書ってPCR検査を受けて72時間以内の陰性を証明するもの。

3日おきに検査をして陰性証明書をもらわなければ、店舗への入場も断られるってこと?

陰性証明書を出してくれるPCR検査って20000円程度はかかるし、陰性証明書も5000円から10000円が相場。

3日に一度30000円近くの費用を負担しなきゃ、ちょっとした買い物でお店に入ることもできなくなる可能性があるわけです。

 

私の子供に18歳の男子がいて、小学校2年生の時に日本脳炎の2回目のワクチン接種した3日後に、全身が赤い発疹というか蕁麻疹のようなものが出て、どんどん呼吸が荒くなって急病診療所を経由して救急病院へ緊急入院。

急病診療所で何種類かの注射や点滴を行っても全く好転せず、気道の確保も難しくなるほど全身が腫れ上がりましたが救急病院で何とか一命をとりとめたことがあります。

正式な診断は検査をしても出ませんでしたが、おそらくスティーヴンス・ジョンソン症候群だろうとのこと。

かかりつけ医には予防接種は厳禁と言われています。

 

コロナワクチンは現在のところ無料ですし、接種証明書も無料ですよね?

ワクチンを打ちたくない!のではなく、打てないわが子の場合の陰性証明書をもらうための検査代は有料のまま??

陰性証明書をもらうためにお金を払わなければいけないとしたら、何だかワクチンを打てない奴なんて知ったことかと差別を受けている気になる。

 

接種できない人なんてこの際放っておいて、経済を回せる人からどんどん回せばいいだろ

 

みたいな声が夏〇剛さんあたりが発しそうですけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました