サントリーの新浪剛史社長が45歳定年制を提言したけど

 

経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席したサントリーの新浪剛史社長が驚きの発言。

「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」

コロナとの共存が必要な時代を迎え、企業だけではなく経済社会全体の変革が必要だとして発言したようです。

 

従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要

 

たしかに優秀な人材はどこの企業も欲しがり、今のように一つの企業にとどまって定年を迎える時代ではなくなっているのかもしれません。

あくまで実力主義ということでしょうか。

ただしどこの企業からも欲しがられるような人材は、45歳なんてラインを設ける必要はない。

70になっても80になっても欲しがられるかもしれません。

 

会社に頼らない姿勢

 

会社に寄り添って給料をもらって生活設計する時代ではない、そんな意味でしょうか。

一般の社員はあちこちの企業から欲しがられる人材ではなく、45歳になれば定年によって会社を去れと言いたいのでしょうね。

 

これ実は韓国では実際に起こっていることです。

韓国では表向き60歳定年としている企業が大半なのですが、定年の10年前までには退職するのが習わしのようになっており、サムスンでは45歳になれば自主退職を迫られるようですし、多くの企業では50歳定年が実情といったところのようです。

 

若くて新しい技術や思考を持った人間は必要だが、古くなった技術や思考は必要が無い。

サントリーの社長はこの韓国的な思考の持ち主なのかもしれません。

韓国の社会では今どのようなことが起きているのか・・・

そう思うとDHCの会長発言は的を射たものだったのかもしれない。

 

45歳になれば会社にいられなくなる、そんな会社にわざわざ入ろうと思う学生はいるのかな。

それならば頑張って公務員になるほうが良いと思うかもしれませんよね。

45歳になれば使い捨てられるわけですから。

もちろん45歳までに超高給を得られるのであれば文句はないのかもしれませんが。

 

こういうことを平気で発言する新浪剛史のような方が、政府の経済財政諮問会議の民間議員ですからね。

夏野剛氏は政府の規制改革推進会議議長だし、新浪剛史氏は政府の経済財政諮問会議の民間議員、政府はこういう思考回路の方々の意見を尊重するのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました