有料のレジ袋は市指定の可燃ごみ袋を渡すという発想が良いですね

 

2020年7月1日に開始されたレジ袋の有料化政策。

レジ袋が有料となる10年以上前から、レジ袋の代わりに家庭用可燃ごみ指定袋を渡していた名古屋のディスカウントスーパー「サノヤ」

元々は無料で渡していたのですがレジ袋有料化に伴い今は有料です。

ところが名古屋市の家庭用可燃ごみ指定袋(10Lの手つきタイプ)はネット通販で100枚入り335円のところ、同スーパーでは1枚2円で販売。

これならこちらのスーパーで1枚2円で購入するほうが安く、市指定のゴミ袋ですからそのままゴミの日にも使えて便利ですよね。

なぜこういった考え方や取り組みが全国で広がらないのかが不思議です。

 

 

レジ袋は有料化されましたが、我が家では別途レジ袋を100枚単位で購入しています。

部屋の中のくず物入に使ったり、水気のあるものを捨てるときなどに使っています。

昨年のレジ袋有料化の際にはスーパーやホームセンターなどでは、レジ袋をまとめ買いする人が多く店頭から消えていた時期もありました。

レジ袋有料化はプラスチックゴミを減らすためのものでしたが、実際には別途購入するだけであまり当初の効果は得られなかったんじゃないのかな。

もちろんお店で受け取ったレジ袋を外でそのまま捨てるような人もいたとは思いますが、家庭では意外と必要だと感じている人のほうが多いと思うのですよね。

それだけに、市の指定のゴミ袋をレジ袋として渡す発想って本当にいいなと思ったんです。

 

 

それにしても大不評なレジ袋の有料化。

また無料に戻せとの声が強まっていますが、いったん有料にしたものを無料に戻すとなると、せっかく経費が少しは浮いてきたと喜ぶお店の方々の悲鳴が聞こえてきそう。

特に有料化の対象外の紙袋を有料で渡しているような服屋さんなどは。

 

 

それともう一つ気になったのが小泉元環境相の発言で

「レジ袋有料化を決めたのは僕ではない」との発言に続いて

「(私が)完全にレジ袋有料化したってなってますよね。フェイクニュースってこう根付くんだと。私が大臣になる前に経産大臣、環境大臣で決めた事ならその中で如何に前向きに進めるか」

と自分が決めたことではなく、経済大臣や前任の環境大臣が決めたことで自分は関係ないとの言いぶりです。

たしか自分の手柄のように勝ち誇っていたのは小泉元環境相じゃなかったかな・・・

MAG2NEWSより

 

レジ袋有料化が不評だからと責任回避するような発言ではなく、せめて指定ゴミ袋の活用をすすめるなどすれば政治家らしいのに。

こんな人が総理候補とか国民に人気があるなんてマスコミは煽っていたけど、その煽りがなければただの人だったのかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました