ネット通販、フリマ、オークションサイトへの出品者は業者扱い

 

朝日新聞デジタルが報じるところによると、フリマの「メルカリ」や通販サイト「アマゾン」「楽天市場」などの出品者が「個人」か「業者」の区分をする際の基準を消費者庁が設けるらしい。

「個人」による出品の場合には買主・購入者を保護する責任がないため、偽物を掴ませられるなどの被害が多発している。

また「個人」として出品した場合には住所や電話番号などの連絡先を表示する義務がないため、買主側は泣き寝入りすることも多くなっている。

もちろん各サイト個々の判断で被害者救済の対策は取っているようですが、「個人」とされた場合には出品者の“個人情報”を出すのも難しいといった面もあるでしょうし。

  • 新品や未使用品を大量に出品している
  • メーカーや型番が全く同じ商品を複数出品している
  • ブランド品や健康食品、チケットなど特定の商品を大量に出品している

これらに該当する場合には「業者」として扱うというのが消費者庁の考えのようです。

引越しや遺品整理に伴う大量出品は対象とはならないという。

 

これはヤフオクでも昔から見られていたもので、ようやく消費者庁が重い腰を上げたのかなとしか思えないですね。

「せどり」というよりは今は「転売ヤー」のほうが分かりやすいと思うけど、この手の人たちを一掃する必要はあると思います。

一般の人が買いたい物を買い漁って高値で売りさばく転売ヤーなんて、全く必要のない存在で無くても誰も困りませんから。

不織布マスクが市中から消えた時もそうだし、ゲーム機が一向に市中に出回らない時もそう。

社会悪の転売ヤーがいるために迷惑を被る一般人が多数いる状態は、やはり早急に改善すべき問題だと思います。

 

あくまで個人間で不要なものを売買するのがフリマサイトだし、個人が出品するオークションも同じですね。

そこを業者が利用するのは規約に抵触しない限り自由だけど、責任や税金から逃れるために個人を装うのは何らかのペナルティを課すべき。

そして楽天市場やアマゾンといった通販サイトはあくまで「商売」としてモノを売る場所なのだから、当然出品者のすべてを「業者」とするべきだし。

 

個人的にはフリマサイトやオークションサイトは利用しないので、騙された人の個人の責任でもいいんじゃない?とも思いますけど、ここまで転売ヤーによる買い占めで一般人が迷惑する状況ですから、少しは良い方向へ向かえば良いのですけどね。

未分類

当サイトの執筆・運営者です
Mug shot for websit真久 一・まくはじめ」と申します。ただのおじさんです。
早期退職して悠々自適に暮らすはずでしたが・・・
老害だとけなされても、へこまずにいろいろ発信していきます。。。
サイト・管理者に御用の方はメールフォームをご利用ください。
何かおかしなこと言っちゃいましたか?
タイトルとURLをコピーしました