殺人は死刑で良いし強制性交など性犯罪は和解しても無期懲役で良い

 

 

こういうタイトルを付けちゃうと、いろいろな方面からいろいろなことを言われるかもしれませんが、私は基本的に殺人を犯した者は死刑、性犯罪はたとえ被害者と和解したとしても無期懲役が相当だと考えています。

もちろん一律に死刑や無期懲役を科せば良いとは思いませんが、あくまで基本とすることに特に問題があるとは思いません。

特に強盗殺人なんて一人でも殺めれば死刑になるは当然という考え方でも、特に不都合はないと思います。

 

被害者から執拗に金銭を無心されていたとか、常に暴行を受けていたとかで、さすがにもう我慢できなくなったうえでの殺人ならば、逆に思いっきり刑を軽くするのもアリだと思います。

老老介護で介護疲れの上でなんていうのは、執行猶予付きの判決が出たって良いと思います。

基本は死刑だけど、様々な事情を引き算して判決を下せばいい。

 

逆に心神耗弱により減刑されるケースがありますが、これには絶対反対です。

刑法で定められているのですが、著しく責任能力が減退している場合は減刑されるというのはさすがにおかしい。

3人以上を殺しておいても死刑を回避されるケースがありますが、悪いけど被害者側・遺族にすればその殺人犯が心神耗弱であろうが正常であろうが関係ない。

殺されたという事実に変わりはない。

加害者ファーストの考えが優先されるのではなく、やはり被害者ファーストで事を考えるのが普通じゃないのかな。

反論する人ももちろんいると思いますが、自分にとって大切な人が殺された時にも加害者ファーストでいられるのかな。

自分の大切な人が殺されたけど、加害者は心神耗弱状態だったから仕方がないねって言えるのかな。

 

心神喪失となれば刑は受けず無罪となるけど、検察の申し立てによって指定入院医療機関に入院し、場合によっては退院ができなくなるのとかなり違いすぎると思います。

重大犯罪を犯したものの心神耗弱が認められた場合は、その心神耗弱の状態が完治するまで強制的に医療施設へ入院させて、完治後に刑に服するのならばわかるけど。

その際にも強制入院期間を刑期から引いてはいけない。

 

 

性犯罪に関しては今は軽すぎる。

強制性交(強姦)した奴は死刑でもおかしくない。

被害者側に弁済するなどして和解が成立したとしても、無期懲役くらいは科して基本的に社会復帰できないようにしてほしい。

もしも社会復帰するにしても、常にGPS装置などを強制的に装着させて監視下に置くくらいはしなきゃいけない。

性犯罪を犯すような奴は一生その性癖がまともになるなんて思えないし、被害者を最小限に食い止めるためには、一度でも性犯罪を犯した奴は社会に戻しちゃダメなんだよ。

 

とにかく現状は加害者に甘すぎる。

もっと被害者とその家族・遺族のことを中心に考える世の中になってほしい。

未分類

当サイトの執筆・運営者です
Mug shot for websit真久 一・まくはじめ」と申します。ただのおじさんです。
早期退職して悠々自適に暮らすはずでしたが・・・
老害だとけなされても、へこまずにいろいろ発信していきます。。。
サイト・管理者に御用の方はメールフォームをご利用ください。
何かおかしなこと言っちゃいましたか?
タイトルとURLをコピーしました