看過できない木下優樹菜のADHD発言

 

木下優樹菜が2022年7月25日に公開したYouTube動画が波紋を広げています。

「私のADHD・発達障害についてお話したいと思います」との発言からスタートした動画ですが、自身がADHDであるということは、先日脳の周波を調べるブレーンクリニックに行って初めて判明したことで、それまでは知らなかったそう。

財布やスマホなど何でも忘れてしまうことも自分の個性だと思って生きてきたので、これまで生きづらさを感じたことはなかったとも説明しています。

私(木下優樹菜)の場合は(現在の)パートナーも理解してくれているとする一方で、藤本(フジモン)がイライラしたりイライラさせていたとも話し、まるでフジモンは理解が無かった人だと言わんばかり。

自身(木下優樹菜)と同じADHDの人に対して、寄り添う気持ちを少しでも持ってもらえたらと締めくくってはいますが、残念ながら看過できない発言を冒頭に行っています。

ADHDであることが判明したとの発言の直後に

笑っちゃったのが、脳の中が混線してる。前頭葉が働いてないの。バカでしょー!

この発言って

ADHDは、頭の中が混線して前頭葉が働かないバカ

と話しているのと同義であり、あきらかにADHDの方々を見下した発言です。

 

まずADHDだからバカと決めつける根拠は何でしょうか。

一般的に空気が読めない人が多いとされるADHDは、日本語だと注意欠如・多動性障害と訳されます。

そしてエジソン、アインシュタイン、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズなどの発明家や実業家はADHDだそうです。

これらの人ってバカですか?

ADHDの特徴の中には「興味があるものには集中しすぎてしまう」というものもあり、一般人以上に熱心に集中して勉強・研究に取り組むことから、これらの偉大な人を生むことにつながったとも言えます。

 

対して木下優樹菜はタピオカ騒動で世間を騒がして芸能界にいられなくなり、活躍の場をSNSの世界に移したものの特に芸に秀でているわけでもない。

たまに自身の写真を公開したり、問題発言によってネットニュースで拾われるように仕向けているだけですよね。

その延長線上での問題発言ですから、確かにバカなんだなとは思いました。

だからと言って自分のバカさ加減をADHDと結び付けたり、自身の問題行動はADHDによるものみたいな発言はいかがなものでしょうか。

ADHDだから仕方がないでしょとでも言いたいのでしょうか。

 

マジで気分が悪いから、こういう人は表に出ないでくれ。

そしてマスコミもこんな人を相手にしたり、取り上げたりしないでくれ。

未分類

当サイトの執筆・運営者です
Mug shot for websit真久 一・まくはじめ」と申します。ただのおじさんです。
早期退職して悠々自適に暮らすはずでしたが・・・
老害だとけなされても、へこまずにいろいろ発信していきます。。。
サイト・管理者に御用の方はメールフォームをご利用ください。
何かおかしなこと言っちゃいましたか?
タイトルとURLをコピーしました