旧統一教会と自民党の関係だけが問題?

 

旧統一教会(現 世界平和統一家庭連合)と自民党の関係についてネット上では様々な声が飛んでいますし、先日の選挙で落選した有田芳生氏は議員の資格を失ってから、統一教会と自民党の問題を徹底的に叩いています。

有田芳生氏に関しては、それほど問題なのならばなぜ議員在職中に国会で取り上げなかったのかが不思議でなりません。

 

たしかに旧統一教会は過去に様々な問題が表面化したし、今でも真っ当な宗教と呼ぶのは躊躇うほどの状態でしょう。

そんな統一教会と関係を持っていた議員が自民党に多いのですから、ネット上では特に自民党が叩かれる場面が多くなるのも仕方がないかな。

 

ただ思うのですが、統一教会だけがダメでほかの宗教団体はいいの?

私にすれば選挙前になったらどこかで電話番号を探してかけてきたり、久しぶり!とか言って急に家を訪ねてきて投票を依頼してくる創価学会と公明党もたいがいだと思うけど。

今年の参院選前なんて、同じマンションの居住者が公明党の候補者の顔写真を持って投票してほしいと訪ねてきたのなんて、それって選挙活動の戸別訪問に抵触する気もするけど。

 

ほかにもさまざまな宗教団体が特定の政党の候補者を指示したり応援しているようですが、それはいいの?

もっと言えば、業界団体や労働組合が特定の政党を支持するのは別に問題ないの?

勤務先がユニオンショップ制で労働組合に強制加入だったけど、毎月組合費のほか臨時組合費や特別組合費などの名目で多額の組合費を無理やり徴収し、その中から連合などを通じて立憲民主党(昔は社会党だった)に勝手に収めているのも腹立たしいのですけどね。

 

自民党をはじめ立憲民主党や共産党など多くの政党は、宗教団体のほか業界団体や労働組合とのつながりを持っています。

各種団体は政党に自分たちが考える理想の社会の実現のために働きかけます。

その見返りに政党側は候補者の支持を得ます。

献金なども得るでしょう。

これって政党に所属する議員たちは、国民全体の奉仕者ではなく一部の意見のみを聞く御用聞きになっていると言えますよね。

 

もちろん旧統一教会の過去(今もかな)の行いを見ていると一般人の感覚からすれば、こんな怪しい団体とつながりを持つ政党や国会議員なんていらない!って思いますよ。

でもそこまで怪しくはない団体だとしても、その団体の意見を主に聞き行動する政党だって大差ないように思いますけど。

私のように組合費を無理やり取られて、勝手に連合を通じて大嫌いな立憲民主党に献金されるのも実に腹立たしい。

 

だから旧統一教会と自民党だけの問題ではなく、政党側が集票マシーンとして見ている様々な団体との関係自体を見直すか、または関係を大っぴらに国民に示す必要はあるんじゃないのかな。

とにかく一部団体の代弁者ではなく、国民全体の奉仕者であるということをもう一度思い出してもらいたいと思います。

未分類

当サイトの執筆・運営者です
Mug shot for websit真久 一・まくはじめ」と申します。ただのおじさんです。
早期退職して悠々自適に暮らすはずでしたが・・・
老害だとけなされても、へこまずにいろいろ発信していきます。。。
サイト・管理者に御用の方はメールフォームをご利用ください。
何かおかしなこと言っちゃいましたか?
タイトルとURLをコピーしました